思い出







朝日に輝く海が
ボクたちに時を告げてる・・・
もっと一緒に居たかった
もっと語り合いたかった
もっともっと抱きしめてほしかった

このまま時が止まればいい・・・
そんなキミの願いも
叶わぬ想いなんだね

波が囁いてる・・・
ごめんね、朝がきたよって・・・
過ぎた時間がまた戻ってきたらいいのに
そんなささやかな願い事も
叶えてくれないなんて・・・

















優しくて柔らかい風が頬を撫でてくれる
この一時を忘れない様にと
一生懸命見つめた風の色・・・
キミとボクを包んでくれた風は
幸せ色だった・・・


















この地は心安らかに
心穏やかにしてくれる・・・
左側のキミが愛おしいから
安心するんだろうね

















ずっと握りしめた手と手
キミが心配でずっと握ってた
でも、ホントはボクが放さなかったんだよ
キミの手がこの世で一番安心できるから













果てしなく広がる海と空
ずっとずっとこのままで
ずっとずっとここに居られたら
どんなに幸せだろう
いつも思う事・・・
ボクはキミと居る時を忘れたくない
だから時間よ止まれ・・
いつもそう思う・・・
いつもいつも・・・

















青空に輝く陽が
碧い海に反射してキラキラしてる
キミの心の目みたいに眩しくて・・・
忘れられない輝く風景
キミがいる風景・・・












冬の海はどこまでも深い蒼・・・
季節で変わる海の表情は
ボクの心模様と同じかもしれないね
深い深い想いを幾歳も重ね
ボクとキミの時がここに刻まれてく
まぎれもなくボクとキミは
ここに居る・・・
一緒にいるんだよね


遠く遥か彼方まで続く海岸線・・・
白波について流れて行きたい
そしたら、またキミに逢えるのかな
ボク達の為にって
美しい表情を見せてくれてるみたいで
思わず笑みがこぼれるふたり・・・
ずっとずっと寄り添って見ていたかった

「さよなら」は言わないよ・・・
笑顔で「またね」って手を振って
振り向いた、涙が零れないうちに・・・

あの時・・・
我慢できずに泣いてしまったキミを
ただただ抱きしめて
撫でてあげることしかできないボクは
胸が痛くて心で泣いた・・・

離れたくなくて・・・
ずっと一緒に居たくて・・・
ひとりで闘ってきた事が辛くて・・・
思わず泣いてしまったキミを
ボクはただただ抱きしめた







遠くを見つめるキミの目は
どこまで見てるんだろう
ボクとキミの見てる先は同じだろうか

遠くに霞む水平線の様に
儚く薄ぼんやりとした未来に
言い様のない不安を感じながら
ボクはキミの心を抱きしめる
ただずっと抱きしめてる














寄せては返す波の音を
いつまでも一緒に聴いて居たかった
涙で潤んだキミの目を
じっと見つめながら
ただ涙が零れない様に
頬を撫でる事しかできないボク
この波の音はキミの心の鼓動みたいに
安らぎと癒しがいっぱいだった
忘れはしない、この波の囁き・・・














さっきまでの雨粒が嘘の様に消え
遠くの風景が別れを惜しむ様に現われて・・・
いつかまた一緒に見たいと願いながら
一生懸命、目に焼き付け様としているキミの姿が
たまらなく愛おしくて・・・
お願いだから泣かないで・・・
一粒の涙さえ受け止めきれず
一緒に泣いてしまいそうなボクがココに居る















風が震え、波が応える
まるでキミとボクの心のやりとりみたいに

ふたり片寄せあってじっと見てたね
この風と波の音を・・・
聴いてるのにボク達には見えてたね
風と波がカタチとなって・・・
言葉でも理屈でもない
確かに見えてた
ボクとキミにしか見えないカタチが・・・










そっと目を閉じ
思い出すふたりの時間
ふたりで見たあの時の風景は
今も色褪せず
あの海、あの空は
蒼く澄んでいるはず
過ぎ去った事実が
たとえ辛く哀しい出来事だとしても
あの柔らかい風が
連れて行ってくれるだろう
温かく柔らかい風に身を任せ
ふたり寄り添い今を見つめて・・・
あの日、あの時を感じた全てを
もう一度はじめから・・・
 






捨ててしまおうと思った思い出
捨ててしまおうと頑張った想い
辛く葛藤した時が
風に乗って過ぎていった
あの街のあの風の様に・・・








思い出は心の中の宝箱へ
どんな思い出も美しく
どんな想いも全てが宝物で
だから鍵をしないで
時々見つめるの

キラキラ輝いてる宝物
いつまでも忘れたくない宝物
忘れられない思い出の時・・・
 












 



空を見上げてた
雲の流れをただじっと・・・
静かに流れる自然の流れに
時の流れを感じていたかった

柔らかな空気の優しさ
温かな海の匂い
すべて愛しく感じたあの時

隣に居る人が愛しいから
景色さえも愛しく感じて・・・
一緒に居たかった
ずっとずっと・・・

 







ボクの手を握ったキミの手は
とても冷たいのに温かい
心の想いが沁みてくるから温かい
ボクの事が心配で
ボクを支え様とする温かい想いが
心の傷に沁みてくる
まぎれもなくキミは薬だね
ボクにとっての薬だよ

キミが居るから
ボクは元気になれるんだね
ボクが元気になるから
キミも生きている証になるんだね






 


ボクの手は何の為にあるのかな

キミの頬を包み込むため
キミの頭を撫ぜるため
キミの背中をさするため
それから・・・
キミの涙をそっと拭って
キミの手を握るため

キミとずっと繋がってるために
いつまでもいつまでも
繋がっていたいから・・・







 


ボクとキミが見つめる先には
ちっぽけな幸せと
大きな安らぎ

ボクの手を離さないで
ボクはキミの手をずっと握ってるから
ボクの隣で片寄せあって
ささやかな幸せを温め合いたいね

"未来を生きるモアイ"を見つめるボクとキミ

握り合った手と手の温もりを
絶対忘れないで
ボク達も未来を生きよう
いつまでも一緒に・・・
キミと一緒に・・・









夢の様な世界だね
できる事なら
この景色の中に溶けてしまいたい

抑えてた想いが溢れないように

目が覚めれば忘れてしまう夢だから
夢見てもいいよね

叶わぬ夢だけど
アナタとワタシの夢物語








 





この窓から見えるのは
柔らかい風とアナタの心
言えない言葉を飲み込む様に
そっと外を見つめる

見つめた先の小さなチャペルには
純白のウエディングドレスと
幸せそうな笑顔

そしてまた飲み込む
言えない想い

いつもそばにいるよ
ずっといてね






 



海が囁いてる
優しいね

  風が頬に触れてる
柔らかいね

君住む街のこの風景は
温かいね

  砂浜で拾った貝殻に
思い出を詰めて
もう消えてしまおうと
心が泣いた







 




透き通った海の青は
心の模様

どこまでも続く青空は
心の大きさ

僕と君が居たこの場所は
まるで君に抱かれているみたいに
ホッとして癒されて

ずっと居たかった君とこの場所に

いつまでもいつまでも
忘れない様に
心に刻み付けた冬の海











遠くを見つめるその目の奥に
何が映ってるの

僕の目には どこまでも続く
海と空と君の笑顔しか見えないよ

僕はただ感じてるだけなんだ
君が居るぬくもりと優しさを

僕が見つめているのは
君の心の目なんだよ

僕たちしか居ない浜辺には
二人の足跡が続いてた

ずっと ずっと